a photo a day

                            

鉛筆


141123_1321~03

ロークが念願のデッサン教室に通い始めた。
小さなアトリエでベテランのおじいちゃん先生から教わることに。
穏やかな方だけれど、丁寧でプロフェッショナル。
いい出会いがあって本当によかった。

専用の鉛筆を特殊な削り方で使うことを教わったのが嬉しいらしく、
今朝は私の部屋の窓枠に座って何本も鉛筆を削ってた。

高校から美術科へすすみたいらしく、
今から自分でいろいろ考えて行動してるところは立派だと思う。
いつも彼に「自分が大好きなことを仕事にできるのが1番幸せだよ」って言ってるからかな。
何かしら思うところがあるのかも。




  1. 2014/11/24(月) 09:50:35|
  2. non title
  3. | コメント:0
次のページ